群発頭痛の原因を徹底解明せよ~治療で安らかな生活を取り戻す~

原因と向き合って解決

ニューポスト

誘因とメカニズム

お酒

群発頭痛を引き起こす誘発要因として考えられているものはアルコールです。群発期間の飲酒は避けることが症状を悪化させないためには大切です。また、血管の拡張が関係しているとされているため、煙草や気圧も誘因と考えられています。

痛みと上手く付き合う

お医者さん

群発頭痛は治療を行なうことで症状を緩和させることができます。酸素吸入と薬物療法が現在行われている治療方法です。治療や悪化の予防をして、上手に付き合っていくことが大切なのです。

自殺したくなる痛み

頭痛が辛い

頭痛には様々な種類がありますが、特に酷い痛みをもたらすものに「群発頭痛」があります。頭蓋骨の窪みには眼球が収まっており、そこを眼窩と言います。その周辺から側頭部に痛みが起こる頭痛のことです。その痛みは激痛の域に達しており、頭痛が起きる群発期間中は毎日引き起こされます。人によっては短期間で群発期間が終わることもありますが、通常は数週間~数ヶ月の群発期間となっています。激痛自体は一過性のものなので、毎日決まった時間に短い時間の激しい痛みを引き起こします。眼球は充血し、痛みによる生理的な涙や汗などが出るでしょう。また、眼の後ろを通る内頚動脈が炎症することが原因となり、眼の奥にも痛みを伴うことも少なくありません。1000人に1人の有病率と言われており、20代~40代での発症率が多いのが特徴です。また、群発頭痛は女性よりも男性の方が発症するリスクが高いとも言われています。眼の奥をドリルなどで突き刺されているように感じるほど痛みは酷く、痛みが起こっている間はじっとしていることができないのです。痛みを緩和させようと頭を叩く人もいれば、壁などに打ち付けることで症状を紛らわせようとする人も多いでしょう。あまりの痛みにじっとしていることができないため、自殺したくなるほどの痛みに襲われる頭痛と形容されているほどなのです。このように、とても危険な頭痛なので発症しないように気を配る必要があるでしょう。また、もし発症してしまった場合は適切な治療法で症状を抑えて完治を目指していきます。その際には、病院や医者選びにも要注意です。

群発頭痛が発症すると、1時間~2時間ほど痛みが持続します。そんな群発頭痛の中にもタイプがあり、反復性群発頭痛と慢性群発頭痛に分けることができます。反復性の頭痛は群発期が1週間~1年ほどあり、群発期と群発期の間には全く痛みを感じることのない時期である寛解期があります。寛解期は凡そ1ヶ月間ほどとされ、その時期には痛みを感じることなく生活することができます。患者の多くは反復性であることが多いとされています。また、慢性の頭痛は群発期が1年以上と長く、寛解期が無いのです。人によっては寛解期があることもありますが、慢性の場合では1ヶ月にも満たないのです。常に痛みに悩まされるため、日常生活にも大きな支障が出てしまうのです。患者の10%~15%ほどは慢性であると診断されており、薬を用いて生活しているのです。また、世間の認知度はまだ低く、理解を得られていないのも現実です。アルコールや煙草、気圧の変化は極めて確実性の高い原因と言われています。しかし、まだまだ完璧な原因解明に至っていないのも現実です。いつどこで起きるか分からないという怖さも兼ね備えているため、理解してくれる環境がとても大切になってきます。特に深夜から明け方に起きることが多いため、家族の理解や支えは重要なものと言えるでしょう。海外では群発頭痛によって自殺してしまう患者の有無も既に報告されており、最大限の注意と危機感を持つ必要があります。治療をすれば症状を緩和させることも可能なので、じっとしていられないほどの酷い頭痛が一度でも起こった場合には、専門医院で検査をしてみると良いでしょう。

コンテンツ

痛みが出たらすぐに病院

医師と看護師

群発頭痛は通常の頭痛と比べて発生時間や頻度が少ないため、病院でも診断が難しいとされています。しかし、頭痛外来や神経内科に受診することで専門の医師に診察をしてもらえ、痛みや症状に対して心強い理解を得られるのです。

続きを読む!

記事一覧