群発頭痛の原因を徹底解明せよ~治療で安らかな生活を取り戻す~

誘因とメカニズム

お酒

群発頭痛を引き起こす誘発要因として、考えられているのはアルコールです。群発期間にアルコールを摂取すると、1時間ほどで症状が現れ出します。ほぼ100%の確率で群発頭痛は起きてしまうため、群発期のアルコール摂取は避けることが大切なのです。勿論、アルコールによって酷い頭痛が起きてしまうのは群発期だけに限ったことではありません。慢性群発頭痛の患者の場合、特に寛解期がないため飲酒後に酷い頭痛に襲われてしまうことがあります。そのため、群発頭痛と診断されると多くの人がアルコール断ちをするなどして対策を講じるのです。また、群発頭痛の誘発要因はアルコール以外にもあります。それは煙草や気圧です。アルコールや煙草、気圧には実は共通点があり、それは血管に作用するという点でしょう。群発頭痛が引き起こされるメカニズムは、まだまだ解明されていないところが多いと言われています。しかし、頭部や眼窩周辺の血管が関係していると考えられています。頭部の血管が拡張してしまうことで痛みをもたらすのではないかと議論されており、現時点ではこれが最も有力な説だとされているのです。また、群発頭痛の患者が訴える症状の中には、酷い頭痛のほかにも眼の奥が痛むなどの症状があります。これは頭部と同様に眼の後ろを通る血管も拡張してしまうため、炎症を起こして痛みが現れてしまうのです。

群発頭痛が起きると生理的な涙が出ます。これは痛みが原因でもあるのですが、涙腺をコントロールしている自律神経が刺激されてしまうことが関係しています。眼の奥の血管が拡張することで、近くを通る神経も刺激を受けてしまうのです。この自律神経は、涙腺だけでなく瞳孔を調節する働きも行なっているため、涙が出てしまうほか瞳孔を小さくしてしまうなどの症状も合わせて引き起こることが多いのです。頭の片側に痛みが発生し、痛みが発生している側の眼窩周辺や上顎などにも痛みは広がっていきます。じんじんとした鈍痛ではなく、刃物で眼の奥を抉られるような鋭い激痛が走ります。一回の痛みは15分から長くて3時間ほど続くため、じっとしていることは難しいです。壁などに頭を打ち付けたり、自傷行為を行なってしまったりする患者も少なくありません。動くと気が紛れて痛みが緩和したように感じるため、大人しく横になることはなく常に歩きまわるなどの動きをしてしまうでしょう。群発期間によって違いがありますが、期間中は1ヶ月~2ヶ月間ほぼ毎日起きます。決まった時間に起きるのですが、その多くは深夜から明け方に集中しやすい傾向にあります。アルコールの摂取や血管の拡張に原因があると考えられていることもあり、この時間帯が少なからず事実の確証を後押ししているのです。一人で群発頭痛の痛みや苦しみを抱え込んでしまう人は多くいます。群発頭痛に関してはまだまだ理解や認識が追いついていないところもあるためです。通常の頭痛の認識で接してしまうため、群発頭痛が起きている時間帯の行動に理解を示せないという人も少なからずいます。孤独な感情に苛まれやすいため、家族や友人などの周囲の理解や支えが必要不可欠だと言えるでしょう。