群発頭痛の原因を徹底解明せよ~治療で安らかな生活を取り戻す~

痛みが出たらすぐに病院

医師と看護師

群発頭痛は寛解期(頭痛はない期間)があるため、偏頭痛や緊張型頭痛に比べると発生頻度が少ないです。そのため、群発頭痛と診断されるまでに時間が掛かってしまうことがあります。ですが、群発頭痛は眼球や奥を抉られるような鋭い痛みが起きるという特徴を持っています。そのため、素人であってもその酷い痛みから群発頭痛だと断定しやすいのです。鎮痛剤で症状を緩和できるかもしれない、などと考えるのは無駄です。群発頭痛は鎮痛剤などでは完璧に痛みを抑えることはできないのです。そのため、一刻も早く病院に行くことが大切なのです。群発頭痛の症状を相談する場合、頭痛外来や神経内科へ行くと良いでしょう。群発頭痛の患者の治療に携わっている病院や医師の場合、痛みをより深く理解してくれます。群発頭痛の痛みは通常の頭痛とは比べ物にならないほど酷いものです。自傷行為をして痛みを緩和させる人もいるほど、深刻な悩みとなっているのです。しかし、その酷さから群発頭痛に対しての周囲の理解は薄く、孤独と痛みに耐えられずに自殺してしまうケースも少なからずあるのです。また、群発頭痛を偏頭痛や三叉神経痛と誤診してしまう医療機関も無いと言い切れないでしょう。国内ではまだまだ認知が低いこともあり、医療関係者であっても群発頭痛の症状を詳しく知らないという人はいます。そのため、頭痛外来や神経内科などのように、専門の知識を有している所を選択することが大切なのです。

現代は特に頭痛に対して特別深刻に受け止めていない傾向にあります。市販の薬を服用していれば症状は治まるからと、仕事を優先してしまうこともあるでしょう。頭痛が起きると薬を服用し、慢性化して効果が得られなくなると一段強い薬に変えるなど、多くの人が見に覚えのあるこれらの行動は大変に危険です。薬物依存に陥ってしまうと新たな問題を生み出してしまうため、例え頭痛であっても医師の処方のもと正しく服用することが大切なのです。頭痛で悩む多くの人のために開設されたものが頭痛外来であり、診察や検査などを行ない、適切な薬を処方してくれます。また、診察してくれる医師の専門分野も多岐に渡ります。神経内科や脳神経外科など、頭痛と密接に関わりのある病気に深い知識を有している医師が症状から病状を診断してくれます。判断が難しいと言われている群発頭痛も、頭痛外来なら治療方法や予防、それから対策などを提案してくれるでしょう。専門医が多く在籍しているため、様々な観点から頭痛の原因を探ってくれますし、連携が取れていることで些細な症状も見落とすことがないのです。